2008年03月27日

NO.011 PRO TOUR 630(HEAD)

 前回のPro Staffからメインが変わりました。しかしまだHEAD党から足を洗ったわけではなかったんです。

 というのも、Wilsonで好きなのはあくまでPro Staffのみ。HEADにはPRESTIGE、RADICAL TOUR、それと今回のPRO TOURという私が好きなラケットが揃っていたからです。

 というわけで、今回はHEADのPRO TOUR 630です。Pro Staffを握った段階でボレーヤーを目指そうと決意してたのですが、どうしてもこのラケットを使っておきたいという想いが強くて手を出してしまいました。

 トーマス・ムスターやグスタボ・クエルテンがこのラケットで全仏を制覇していましたよね。私はレンドルの次にムスターが好きなんですよ(今は、TWで売ってる緑色のTom's Machineを買いたいという衝動を抑えるのに必死です…、どなたかインプレをお願いします!)。

 ムスターのプレースタイルはかっこ良くて大好きでした。ブルゲラみたいにヘビースピンでただつなぐだけではなく、チャンスボールはおもいっきってぶっ叩いていく、これこそファイターというスタイルが好きだったんですね。レンドルのような精密機械とはちょっと違うところが良かったのかも知れませんね。ただあのウエスタングリップは真似しませんでした。

 このラケットに手を出したのには、もう一つ理由がありまして…。それは新品同様の極上品がオークションに出品されまして、それも2本です。おまけにプレステージと同じフルキャップグロメットでしたから、自分から福沢諭吉二人を人質として喜んで差し出しました。

pro tour 660.JPG


 さて、インプレですが…。とにかく打ち易かったです…ごめんなさい簡単で。フェイスが98平方インチでプレステージより安心感があります(たった5平方インチの違いですが大きいんです)し、打球感もプレステージより柔らかいという印象がありました。このラケットでストロークを打っていると気持ち良かったですね、スピンのかかり具合もPRESTIGEより上でしたから。ただボレー・スマッシュ時の操作性・振り抜きはプレステージの方が上でしたし、青色というのがちょっとメインには不適格かな…という感じでした(実際特撮ヒーローもので青色メンバーがリーダーってのは無いですからね)。でも現在のHEADのコスメと比べたらよっぽどいいですけどね、MG PRESTIGEはコスメ見た時点でアウトでしたから。

 打ち易さよりもカラーを重視するのが、私のラケット選びの重要部分でして…、今考えると情けないです。この2本も現在は手元にありません。とっておけば良かったと思うラケットの上位にランクされますね。
 
2008年3月27日

posted by はぶさん at 12:31| Comment(0) | HEAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。