2012年12月02日

NO.021 Organix8 315g(Volkl)

またまた久しぶりの更新です…。 なかなか継続的に・持続的に更新ができなくて申し訳ないのですが、それにも理由があるんですね。

 私は以前幼い頃から野球に親しんでおりました。父から「有名な選手はとにかくチャンスに強い」という教えを受けておりましたので、チャンスやピンチといったプレッシャーのかかる場面でどれだけ集中力を発揮できるかを念頭において、私は生活してきました。
 小学生時代の夏休みの宿題も始業式の前日に集中力を発揮しましたし、中学・高校時代の定期テストも前日に集中力を爆発させてきました。

 という訳で更新がこの時期になってしまったわけです。では現在が何かピンチなのかというと、ただの「金欠」です。理由は最後に分かります。  

 さて、今回のラケットですが、赤いボディに黄色い文字。かつてのVolkl Proを思わせるような雰囲気のラケットです。

 私もフォルクラーとしてProは使ったことがあります。ネット(コートのネットではありません)等での評判の高さから、新品を購入し、レザーグリップを巻いて、ガードテープを貼るなどして愛情を込めて使用したのですが重くて挫折しました(360g超でした…)。芯を食ったときの打球感はフォルクルらしくて柔らかいというか透き通った打球感で好きだったのですが…。

 そのリベンジの気持ちもあり、今回手に入れてしまいました。つい最近、試合に出場した際にボレーミスを連発…、1日に5試合もこなすと340g超のラケットではサーブやスマッシュでラケットを担ぐのが辛くて…。この年になってやっと黄金スペックに手を出す(メインラケットとして使い込むの意味)ことになりました。黄金スペックにこだわるなら、Organix8 300の方が数字的には近いのですが、黄色の文字の鮮やかさと300gでは軽すぎるのでは?という思いから、315gバージョンを選択したわけです。

organix8 315.JPG


 まずスペックです。フェイス:100平方インチ、フレーム厚:23mm、バランス:平均315mm、ストリングパターン:16×18、重さが現状(ガット込み)で334gとなっています。赤いラケットはやはりカッコいいですね。おまけに黄色い文字も個性を主張していて好印象です。まるで特捜最前線のオーディションに、ビキニ姿の写真を送付して臨んだ関谷ますみさんのような気合を感じます。正直テニスの試合よりレオニダス柏店へ行きたい気分です。

 ただフォルクラーとして情けないのが、赤ベースに黄色い文字といえばTour8 V-Engineなんですが、このラケットを使用したことがありません。これは人生で240番目の汚点ですね。

 外見に好印象は持っていますが、気に入らない部分もあります。それはフェイス面の形とシャフト部の間隔の広さです。DNX8やPowerbridge8もそうでしたが、フェイスの1時と11時の部分が膨らんでるんですよね。DNX8やPowerbridge8のあの形がどうにも好きにはなれず、興味は持てませんでした。どうもフォルクルらしい形ではないんですよね。フェイスの形はBabolatのラケットと全く同じなんですよ、奥さん。Catapult8 V-Engineはあんな形ではなかったのに…。でも色が赤くて黄色い文字なら同じデザインでも買ってしまう自分…柔軟性に富んだ思考力の持ち主ってことですね。シャフト部の間隔については、8シリーズは元来広いです。やはりV1シリーズの間隔がバックハンドを構えたときの左手に一番しっくりきます。

 さてインプレです。当方300gバージョンは使用したことが無いので、300gバージョンとの比較はできません。代わりにadidasのGTX PRO-Tとの比較をしたいと思います。
 
 第一印象はとても楽です。やはりフェイス面が20平方インチも違うと大きいですね、ボレーがとても打ち易いです。特にバックのハイボレーなどは、きちんとコートに返球できるし、それどころか攻撃すらできます。GTX PRO-Tでは、まずスポットに当たりません…。

 ストロークもとても打ち易いです。315gといってもトップライトなバランスの味付けですので、PURE DRIVEよりも重さを感じませんし振り抜きも良いです。ストリングパターンからなのか、スピン性能も問題なく、打感も不快な振動はほとんどありません。

 しかし振り抜きの良さと打感については、残念ながらadidasのGTX PRO-Tの方が遥かに勝ります。一緒にプレイする初対面の女性に興味を持ってもらうという意味でも、GTX PRO-Tの方が上でしょうね。「え〜、バトミントンのラケットですかぁ?」「そんなに、ちっちゃいラケットがあるんですねぇ」なんて台詞に対し、「フェイス面は小さくてもね、俺の…」なんて切り返しから会話が弾むこともあるでしょうからね。因みにこのやりとりをして、会話が弾んだことはありません…。

 それと今回のモデルチェンジ(Power BridgeからOrganixへ)で、嬉しかったことがあります。それはグリップエンドの表記・マークです。今回のOrganixシリーズはグリップエンドがフォルクルのロゴマークになったんです。おかげで試合前のトスでアップ・ダウンが分かりやすくなりました。これが今回の一番の改善点のような気がします。

 結論として、とてもいいラケットだと思います。一時期メインラケットに昇格したぐらいですから。でもこのラケットもすでに手元にはありません。それはもっといいラケットを発見してしまったからなんです。おまけにフォルクル卒業にもなってしまったんです。その辺りはまた来年くらいに綴ろうと思います。では、また。
posted by はぶさん at 19:46| Comment(0) | Volkl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。