2012年12月02日

NO.022 Power Bridge9(Volkl)

 前回のOrganix8 315が非常に打ち易いこともあり、このままでは自分が成長しないのでは?という危機感からもう少し、シビアなラケットを使ってみようということにしました。私の、安定を求めない冒険心と飽くなき向上心の賜物とはいえ、福沢諭吉が何人も行方不明になっております。

 かつてはCatapult10(現在のメインor NO.2)、DNX10 mid、Tour10 mid V-Engineなどの10シリーズも使用してきましたが、さすがに現在は93平方インチのフェイスや18×20のストリングパターン、320g以上の重さのラケットには触手が伸びませんねぇ。

 以前はラケットを選ぶ際、まずmidサイズから検討したものですが、今ではすっかり丸くなってしまいました。以前は怖い物見たさから、無謀な選択をすることも多かったです。地雷を踏まずにゴールすることを目標に安い風俗店へ通うこともありましたが、それが今ではサボテン栽培が趣味になっていたりします。しかし「いつでも一晩三軒梯子してやるぞ」というトゲトゲしさはサボテンとともに育んでおります。

 ということで、狙いは9シリーズです。実は今まで9シリーズは一度も使用したことが無いんです(それでフォルクラーかと言われそうですが…)。現状ではOrganix9が候補となるのでしょうが、まだ発売されたばかりで値段が落ちてないんです。黒基調で落ち着いた感じのカラーリングやスペックには興味があって好印象なんですがね…。ということでただ今値崩れ中、型落ちのPowerBridge9に白羽の矢を立てました。

Pwerbridge9.JPG

 カラーリングは「Ti Radicalじゃん」と言われそうですが、オレンジ色がHEADのものより暗く落ち着いた感じですので、カッコいいとは思いますが、派手さはなく大人のラケットという印象ですね。

 インプレです。芯を食ったときの感触はフォルクルらしい柔らかく、ホールド感のある、清々しいものですね。C10 Proに通ずる感触と言ったら分かりやすいでしょうか。ただ芯を外すと、手に残る振動と途端に失速するボールが顕著な素直なラケットというのが第一印象です。
 
 振り抜きはOrganix8 315に比べると格段にスムーズです。横振りのストロークもスマッシュ・ボレーといった縦振り系にしても、上記のmidサイズと違和感無く振り切れます。ストロークのスピン性能もスライス性能もいたってナチュラルというか、回転をかけただけ回転がかかるという素直な印象です。逆を言えば、強い個性が無いラケットですが、普通であることが一番の個性ですかね。
 
 ドラゴンクエストで例えると、間違いなく「僧侶」でしょうね、「勇者」ではないと思います。「勇者」だとレベルが高くなったときに、とんでもない呪文が使えるようになったりしますが、私がこのラケットでテニスのレベルが大幅に上がっても時速220kmのサーブは打てないですらねぇ。因みに私は初代ドラゴンクエストで、スタート直後の王様の部屋から出られなかった思い出があります(コマンドの「とびら」に気付かず…)。

 確かに修行にはいいラケットだと思います。現在の自分の力量が素直に推し量れるラケットだと思います。しかし私の場合、自分探しのためにラケット探しの旅を続けているわけではなく、私の力量を大幅に上げてくれる理想のラケットもしくはテニスが好きで、明るく笑顔が可愛らしくて、ナイスバディの女性を探すための旅ですので、残念ながら趣旨が合わなかった「いいラケット」だったと思います。
posted by はぶさん at 19:51| Comment(0) | Volkl | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。