2013年10月21日

NO.025 内容リニューアルとHEADの・・・

 今までは、使用してきたラケットのインプレがメインでしたが、
本日を 境に内容を変えてしまいますが、よろしくお付き合いくださいませ。

というのも、私は非常に物欲が強く、無駄遣い、いや必要遣いが多いのです。
一言で言えば「買い物依存症」なのです。
この不景気に…というか、この不景気だからこそ日本経済活性化のために
個人消費を私1人で伸ばしているといっても過言ではありません。

この多大なる個人消費を、少しでも抑制したいと思い、
かつては家計簿等にもチャレンジしたのですが、実は今も継続中なんですが、
何の意味もありませんでした…。
タブレットPCで、毎回家計簿をつけているのですが、
今までの購入履歴を全く見ないので、何の反省にもならないんです。

 そこで、テニスのラケットだけではなく、何か物・財を購入した時に、
そのインプレを日記のように書くことにすれば…。
あまりの面倒臭さに買い物を控えるようになるのではないかと思ったのです。
ということで、内容リニューアルなんですが、
記念の第1回目はやっぱりラケットです。

しかし、今回のは超目玉商品ですよ、奥さん。
まだ巷では未発売のものです。
HEADのGRAPHENE PRESTIGE S です!

DSCF0001.JPG

 購入したのは、一ヶ月ほど前です。
あるネットショップで、一本だけ入荷していたのを運良くゲットできました。
値段は福沢諭吉3人以上でしたが、
「未発売モデル」「一本だけ入荷」という神の啓示に近い
言葉の誘惑に負け、自然と右手が商品をカートへ
入れてしまったのです。

 購入後、ガットを友人に張ってもらうために、何日か預けてあったのを
引き取ってきました。

 とりあえず、今回は写真だけです。
後日、感想・インプレをアップします。
posted by はぶさん at 19:43| Comment(0) | HEAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

NO.011 PRO TOUR 630(HEAD)

 前回のPro Staffからメインが変わりました。しかしまだHEAD党から足を洗ったわけではなかったんです。

 というのも、Wilsonで好きなのはあくまでPro Staffのみ。HEADにはPRESTIGE、RADICAL TOUR、それと今回のPRO TOURという私が好きなラケットが揃っていたからです。

 というわけで、今回はHEADのPRO TOUR 630です。Pro Staffを握った段階でボレーヤーを目指そうと決意してたのですが、どうしてもこのラケットを使っておきたいという想いが強くて手を出してしまいました。

 トーマス・ムスターやグスタボ・クエルテンがこのラケットで全仏を制覇していましたよね。私はレンドルの次にムスターが好きなんですよ(今は、TWで売ってる緑色のTom's Machineを買いたいという衝動を抑えるのに必死です…、どなたかインプレをお願いします!)。

 ムスターのプレースタイルはかっこ良くて大好きでした。ブルゲラみたいにヘビースピンでただつなぐだけではなく、チャンスボールはおもいっきってぶっ叩いていく、これこそファイターというスタイルが好きだったんですね。レンドルのような精密機械とはちょっと違うところが良かったのかも知れませんね。ただあのウエスタングリップは真似しませんでした。

 このラケットに手を出したのには、もう一つ理由がありまして…。それは新品同様の極上品がオークションに出品されまして、それも2本です。おまけにプレステージと同じフルキャップグロメットでしたから、自分から福沢諭吉二人を人質として喜んで差し出しました。

pro tour 660.JPG


 さて、インプレですが…。とにかく打ち易かったです…ごめんなさい簡単で。フェイスが98平方インチでプレステージより安心感があります(たった5平方インチの違いですが大きいんです)し、打球感もプレステージより柔らかいという印象がありました。このラケットでストロークを打っていると気持ち良かったですね、スピンのかかり具合もPRESTIGEより上でしたから。ただボレー・スマッシュ時の操作性・振り抜きはプレステージの方が上でしたし、青色というのがちょっとメインには不適格かな…という感じでした(実際特撮ヒーローもので青色メンバーがリーダーってのは無いですからね)。でも現在のHEADのコスメと比べたらよっぽどいいですけどね、MG PRESTIGEはコスメ見た時点でアウトでしたから。

 打ち易さよりもカラーを重視するのが、私のラケット選びの重要部分でして…、今考えると情けないです。この2本も現在は手元にありません。とっておけば良かったと思うラケットの上位にランクされますね。
 
2008年3月27日

posted by はぶさん at 12:31| Comment(0) | HEAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

NO.006 RADICAL TOUR TT OS(HEAD)

 前回のPRESTIGE CLASSIC600で私は完全にHEAD党になってしまいました。このPRESTIGE CLASSC600が2年程メインラケットとして活躍してくれました。ただ私も男ですから浮気をすることもありまして…。

 というのは、PRESTIGEはシングルスにはもってこいなのですがダブルスではちょっと…だったんです。スピンのかかりやチャンスボールのスマッシュ、ボレーをミスることが多くて、もう少し面がでかくてもいいんじゃないかなぁと思うことがありまして…衝動買いしたのが今回のRADICAL TOURでした。

radical tour tt os.JPG

 HEAD党の一員でしたので、当時はHEADのラケットにしか興味が無くて、面がでかくてプロモデルとなるとアガシモデルだったこのラケットになってしまったのです。別にアガシが好きだというわけではありませんので、あしからず。

 当時の私のラケット選びなんてこんなものだったのです…、メーカーとカラーリングと面のでかさだけが審査ポイントでした。厚さやバランス、ストリングパターンなんて関係ないって感じでした。

 で、例の量販店でダブルス用として2本購入し、その週末に使用しました。ダブルス用として買いましたが、ダブルス用として活躍はしてくれなかったような…、ヘッドが重めだったのでボレー・スマッシュの準備の際に重く感じたような気がします。サーブも当然振り抜きが悪くなりスピードがかなり落ちました。でもその分スピンサーブの練習に力を入れるようにもなりましたが。ガットは緩めに張ったので、確か48ポンドだったかなぁ、飛びもよくスピンよりかはフラットドライブやスライスの方が私には相性が良かったです。

 アガシらしくは無いですが、相手の足元にスライスで沈めるレシーブはこのラケットで身につけました。RADICAL TOURは後にFLEXPOINT RADICAL OSも購入しましたが、それに比べればずっと前のモデルですがずっと飛びがよく使いやすかったですね(あくまで素人のインプレですから…)。

 このラケットはつい半年前までは持ってましたが、今現在は一本もありません。今はHEAD党から足を洗ってしまいましたからねぇ。
 
2008年3月13日
posted by はぶさん at 00:00| Comment(0) | HEAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。